2018年1月以降のヘルパーさん大募集〜Work Exchange

7月 25th, 2017
|

かつおゲストハウスでは、2018年1月からお手伝い可能なヘルパーさんを募集しています。3万円の謝礼付き! 2週間〜滞在OK!
日本はもちろん世界中から来る旅行者のみなさんに、高知の観光情報を提供したり、かつおゲストハウスでリラックスできるよう、快くお手伝いしてくれる方を歓迎します。
宿には様々な人が訪れ、人生を垣間見ることができます。そんなゲストから学ぶことは多く、毎日が「オモシロイ!」の連続♪
というわけで、高知を愛し、かつおを愛し、元気で明るく聞き上手、掃除好きでホスピタリティー精神に溢れる方の応募を心よりお待ちしております♪

★ヘルパーさん、お手伝い時間の目安
AM10時〜11時、PM18時〜24時、週休2日(宿にずっといる必要はありません。チェックイン時のみ対応していただきます)
1ヶ月3万円の食費あり。外国の方は就労可能なワーキングホリデーVISAが必要です。

【参考URL】
http://kochi.keizai.biz/headline/164/

【詳細、お申し込みはこちら】
http://http://inaka-pipe.net/work/20140307/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

Work For Accommodation:
To work for accommodation is a popular way to see the country and save money on expenses. As a backpacker in Japan, you may come across some opportunities to ‘work for accommodation’ or ‘work exchange’.
$0 – In Katsuo guesthouse you will work 7 hours a day and in exchange for your labour you will get food budget and your accommodation. To work for accommodation is a great way to experience a town or city and save money on your accommodation costs. Working for accommodation can be a fantastic way to save money, meet other people and experience a town, city or community in Kochi.
We are looking for staff who can speak little Japanese.if you want to challenge please contact us.
:::::::::::::::::::::::::::::::::

Those who are committed to staying in a hostel for at i month.
You can stay / live in the hostel, for free. All rent and utilities are covered in exchange for a few hours work. You can get food budget; 30,000yen per month.
:::::::::::::::::::::::::::::::::

contents of business
•Cleaning, Check in, Chatting, Light out(am10〜am11、pm6~am0:00)
•Making or correcting signage in the hostel including the design or translation
•Spending time with Japanese guests chatting, sightseeing, cooking, Etc. Just being a friendly face around the hostel for the guests to interact with.
•If you have any other hidden talents we would love for you to share them with the guests.
:::::::::::::::::::::::::::::::::

Application
●Name:
●Address(in your country):
●Age:
●Gender:
●Nationality:
●religious:
●Passport number:
●Do you have working holiday visa?
●Phone number:
*If you don’t have any contact number in Japan, please fill in the one in your country.
●photo
* Please send me your photo
●From when and how long do you want to stay in our hostel?
※We need a staff from october
●What’s your favorite?
●Questions or request
katuo.gh@gmail.com
Maki

◆初代ヘルパー・みなみちゃん(2013.9〜2014.3)from Nagoya

名古屋から高知移住に成功〜! かつおのヘルパーロッジに6ヶ月滞在しながら、友達づくり、恋愛活動、就職活動、アパート探しまでテキパッキこなして、高知に移住してくれました☆ 今はご近所さんです♡

 

 

 

 

 

◆2代目ヘルパー・Brigitte Noreau(2014.4)from Montreal

ワーキングホリデーを使ってカナダからお遍路旅に挑戦! 道中、かつおゲストハウスのヘルパーロッジを使って、エナジーチャージしていきました。高知も気に入ってくれて、高知大学への留学を検討中♪

 

 

 

 

3代目ヘルパー・爪田家氷太刀(2014.5)from Tokyo

かつおゲストハウス初の男性ヘルパーくん☆ 大阪での就職が内定し、「最後の夏休み」と題して昼酒から朝帰りまで高知で飲み倒していきました。落研時代の友人と落語のイベントも高知で開催、120名を動員!! ゲストハウスでの寄席も大好評でした♡

 

 

 

 

◆4代目ヘルパー・かりんちゃん(2014.6)from Osaka

現役の立命館大学生。休学して参加した「土佐山アカデミー」での暮らしで開眼。かつおゲストハウスでも1ヶ月滞在し、高知移住を確固たるものに。滞在中はニューヨーカーゲストのKayさんとも友達になり、いつかニューヨークにも行ってみたい♡ 特技はどんな場所・タイミングでも寝れること。現在は高知に嫁いでママさんに! 子ども同士も同級生ですっかりママ友です〜 http://tosayamaacademy.org/x/

 

 

 

◆5代目ヘルパー・あーちゃん(2014.7)from Okayama

初めて会ったのは4月。その女子力の高さに女将が惚れ込みオファー(個人的にはカトパンに似ていると思います)。その3ヶ月後に長年勤めた会社を退社し、旅に出ることを決意。その出発点に選んだ場所がかつおゲストハウスでした。滞在中は、高知でできた友達とお祭り、登山、安居渓谷などなど、興味のある場所へたっくさん遊びに出かけました。

 

 

 

◆6代目ヘルパー・OUちゃん(2014.8/1〜14)from Taipei
「よさこい祭りが見たい」という思いだけで高知に。オクラ農家やコンビニで仕事をしながら3ヶ月滞在。最初はかつおのゲストとして来てくれたけど、今はもうすっかり友達。オーちゃんには、励ましてもらうこと、元気をもらうこと、勉強させられることが多かった。本当に純粋で自分で素直で飾らない、魅力的な人でした。ヘルパーさんから教わることも、たっくさんあります!

 

 

 

◆7代目ヘルパー・吉田さん(2014.8〜9)from Saitama

安藤桃子監督「0.5ミリ」の撮影補助として高知ロケを敢行。ロケ滞在中に高知の魅力に呪われ、クランクアップ後かつおゲストハウスヘルパーに就任。宿業務のかたわら、写真を撮ったり、ポストカードを作ったり、行きつけカフェのCMを制作したりと、とにかくイラスト、写真、映像、執筆など、あらゆるアート活動に没頭! また、土佐の日本酒をこよなく愛し、「瀧嵐」を常備する泥酔っぷりは男前でした♡

 

 

 

◆8代目ヘルパー・SHINちゃん(2014.10)from Taipei

とにかく優しい女性でした〜(涙) ワーキングホリデー中だったシンちゃんは、沖縄や京都でもゲストハウスのヘルパーを経験しているエキスパート。日本語も仕事もテキパキこなし、日本人以上の心遣いとおもてなしで宿に花をそえてくれました。最終日に一緒に食べた清水サバの刺身は、シンちゃんとの思い出の味になっています。台湾へ行ったら王ちゃんと一緒に遊ぼうね〜

 

 

 

◆9代目ヘルパー・えいたくん(2015.1〜3)from Nagano
http://kochi.keizai.biz/headline/164/
http://eitasatou.com/
webライターという肩書きをもつ英太くん。長野や高知でヘルパーをしながらライター収入をたたきだすという強者でした。当初は高知移住が目的でヘルパーに応募してくれたんですが、ゲストさんに誘われ、急遽フィリピン・セブ島へインターンシップ留学に挑戦することが決定!

 

 

◆10代目ヘルパー・奈央ちゃん(2015.4〜8)from Kochi

地元・高知でしっかり勤めながら、週に1〜2回ゲストハウスにお手伝いに来てくれるという、レアケース☆ 「高知県でバックグランドの異なる人と人とが語らえる場所、繋げられる場所づくりがしたい!」と熱い情熱を秘め、今日もゲストの旅話や人生観などを聞きながら、夢にむかって邁進中!

 

 

 

◆11代目ヘルパー・藤澤ゆっこちゃん(2015.4)from Aichi

「実家でゲストハウスがやりたい!」と女将修行にやってきたゆっこちゃん。2週間の荒修行でしたが、ポテンシャルが高くてトークから掃除、芸術センスまでカンペキ! ゲストハウスどころか、老舗の温泉女将になれるんじゃないかと思うほどの器でござんした! そしてなにより、私の出産の時にはしっかり宿を守ってくれて本当に助かりました。期間は短かったけど忘れられないヘルパーさんです。

 

 

 

◆12代目ヘルパー・しょーこ(2015.5〜7)(2016.3)from Hokkaido

北海道日高村から来たしょーこちゃん。高知のゴキブリや蚊に襲われながらも、かつおの近隣mapを制作してくれたり、中四国ゲストハウス交流会へ一緒に参加したり、おきゃくルームの絵画を描いてくれたりと、濃密な日々を過ごしました。しょーこちゃんの実家へ行くのが女将一家の夢です。

 

 

 

 

◆13代目ヘルパー・キャロル(2015.7)(2016.7〜8)from Hong kong
台湾で日本語を勉強している香港女子♡ 声優オタクでかなりおもしろかった〜 高知出身の声優・小野大輔さんの実家にも一緒に行ったことが最高の思い出に。今度は兄弟と友達をひき連れて漫画の祭典「まんさい」に参加します〜 2016年には両親まで連れて来ちゃった〜w  http://mansai.org/news/m6453/

 

 

 

 

◆14代目ヘルパー・RINちゃん(2015.8〜9)from Taipei

愛媛県今治市のゲストハウス「シクロの家」でのヘルパーを経て、かつおゲストハウスに来てくれました。かつおの後は長野のホテルで働くとか。ワーキングホリデーで日本を横断しながら、将来の夢にむかって頑張っています♪

 

 

 

 

◆15代目ヘルパー・ようさん(2015.11)from Hiroshima
子どもともよく遊んでくれたようさん♡ 高知に魅了され広島から移住目的で滞在してくれました。結果、なななんんと家賃1万円の物件と巡り会い移住決定〜! これから仕事も探して本格的に高知ライフを始める予定。帯屋町アーケードで路上ライブもやってます

 

 

 

 

◆16代目ヘルパー・ボノ(2015.12〜2016.2)from Gifu

一年の内の半分は、岐阜県郡上市八幡町(ぐじょうしはちまんちょう)にある「郡上八幡自然園」にインストラクターとして勤務。仕事が冬期休みになる3ヶ月間を利用して、高知の暮らしを体験しにプチ移住してくれました。しかもヘルパーをしながら近森病院へバイトに出かける強者!! 検便を3回も出すという伝説も残してくれました。またウクレレ教えてね♪ http://inaka-pipe.net/20160519/

 

 

 

 

◆17代目ヘルパー・もとみちゃん(2016.3)from Tokyo

古代エジプトを研究中の駒澤大学2回生。春休みを利用して2週間滞在してくれました。一緒に四万十へ遊びにでかけたことが素敵な思い出になっています。他にも2人だけの秘密の出来事が満載で、思い出すたびにニヤニヤ♡ もとちゃん、また高知に遊びにきってね〜 お幸せに♡

 

 

 

 

◆18代目ヘルパー・Cameron(2016.4)from England

3年前にゲストとして来てくれたキャメロンが、今度はヘルパーとして帰ってきてくれました。高知では飲み飲み友達もたくさんできて毎日お出かけ♪ 子どもの面倒を見てくれたり、英語を教えてくれたりと大活躍。一緒に作った陶芸(器)は今もかつおゲストハウスで使ってます☆

 

 

 

◆19代ヘルパー・ゆうちゃん(2016.5)from Yamaguchi::

2016年夏にopen予定の「UZUハウス」より、研修をかねてゆうこちゃんがやってきてくれました(数あるゲストハウスの中から高知を選んでくれてありがとう〜!)食べて遊んで寝てしゃべってお茶して、とにもかくにもゲストハウス運営の厳しさもみーーっちり体感して頂きました。毎日違う人とコミュニケーションをし続けるって実は大変なんです。UZUハウスでの活躍を期待しています♪ Keep going♪
https://readyfor.jp/projects/uzuhouse
https://www.facebook.com/uzuhouse/

 

 

◆20代ヘルパー・まりさん(2016.6〜7)from Saitama

高知移住を決意し、その準備のためにかつおゲストハウスのヘルパーとして滞在してくれました。滞在中は、愛好する日本酒のお勉強と、不動産屋巡りと、就職活動などなど、滞在期間をフル活用していました。ご飯も上手で、マリさんレシピのアジア飯は今でも使わせて頂いてまーす♪ 9月からは晴れて高知県香美市民! お友達が増えて私もまたまた嬉しいです♪ これからも色んな相談にのってください〜

 

 

 

◆21代ヘルパー・ひーくん&えりリン(2016.7&11)from Akita&Gifu

ゲストさんとして宿泊してくれたひーくんが、今度はヘルパーとしてカムバックしてくれました。それと同じタイミングで、四国旅を悠々自適に旅していたエリリンものっかって、2人一緒にヘルパーさんに〜♪ しかもこの時は、かつおゲストハウスの姉妹店となる「かっぱバックパッカーズ」のオープニングと重なり、共に汗水鼻水たらしながら準備や掃除に明け暮れました。その中で、各々の人生や黒歴史についての深い話をしたり、カレーを作ったり、川遊びをしたりと、宿開業への達成感もあいまって、私にとっても一生の思い出になっています。まさに、この2人なくして「かっぱバックパッカーズ」はありません! さらにさらに11月にはえりちゃんがヘルパーとして戻ってきてくれました。ひーくんも香川にいて遊びにきてくれたり、私も会いにいったり♡♡ ヘルパーを飛び越えて生涯の友になってくれーーーー!http://kappa-bps.com/

 

 

◆22代目ザッキー&ちーちゃん(2016.9)from Kanagawa

幼なじみ同士だという2人が、同じタイミングでかつおゲストハウスとかっぱバックパッカーズのヘルプにやってきてくれました♪ ミラクル〜 しかも2人とも私と同じく吹奏楽部仕込み! さらに神奈川県の強豪あがり! 「吹奏楽をやりきった人に悪い奴はいない」は私の持論ですがその言葉通り、コミュニケーション能力、行動力ともにポテンシャルが高かった! いつかセッションできたら素敵です♡ 2人の思い出にかつおゲストハウスが少しでも関われて私たち家族もハッピーです♡ ギョーザパーティしようね〜

 

 

 

◆23代目ヘルパー・Minくん(2016.10)from Taiwan
一年間のワーキングホリデーを利用して日本にやってきたミンくん。その最初の働き口として選んでくれたところが高知のかつおゲストハウスでした。持ち前の爽やかなスマイルと優しさでお客さんからも好感度抜群、まさに絵に描いたような好青年!! 最後に言ってくれた「楽しい思い出しかありません!また必ず帰ってきます!」のセリフや、屈託ない爽やかなミンくんの心そのものに、つくづく彼をヘルパースタッフに選んでよかったと思いました。そして、ヘルパースタッフがいかに宿にとって大事な存在なのか、ということも思い起こさせてくれました。

 

 

◆24代目ヘルパー・Sharon(2016.11)from Taiwan
ワーキングホリーデーで来日。「箱根テント」や「ruco」「とりいくぐる」などなど、色んなゲストハウスを渡り歩き、かつおゲストハウスにも遊びにきてくれました。英語も得意、手先も器用と頼もしい限りで、たくさん助けてくれました。そして、今なお忘れられないのが、シャロンの食べっぷりww  食パン2枚は当たり前、ラーメン大盛りは朝飯前と、とにかく食べる食べる。送別会はもちろん食べ放題でしたw  日本ではジュリアロバーツの映画のように「食べて、食べて、恋をして」って感じで、めーーっちゃ楽しんでくれたと思います♪

 

 

 

◆25代目ヘルパー・かよさん(2016.12)from Saitama
最初はゲストさんとして訪れ、香港映画のトニーレオントークで意気投合!! 数年後にヘルパースタッフとして高知に戻ってきてくれました。とにかくアクティブ弾丸女子で、ご近所の「じんぜんじゅカフェ」で自信の写真の個展を開催したことがとても印象的です。かよさんが撮るアザラシくんは、とーーってもキュート。一緒にいて本当に楽しかったです♪ 笑う顔も困った顔も大好き! かよさんアリガトウー♡

 

 

 


◆26代目ヘルパー・Zena(2017.3)from Australia・Perth

日本のゲストハウスが大~好きなZena。ワーキングホリデービザを使って西へ東へゲストハウス巡りを楽しんでくれました。カワイイものが大好きで、もってるもの、着てるものがぜーーんぶ私好み♡ 毛糸でポンポンをつくって、オリジナルハンガーを一緒に完成させたことや、家族で梅祭りにいってお花見したことが素敵な思い出になってます♡ Zenaの夢はパースで小さなゲストハウスをopenさせることなので、次はオーストラリアに家族で遊びにいきたいです♪

 

 

 

◆27代目ヘルパー・Minami(2017.5)from Taiwan・Kaohsiung

歯科医師を辞めて、日本でワーキングホリデーに挑戦したみなみ! ゲストハウスが大好きということで、日本中のゲストハウスを巡り、旅をし、最後に高知のかつおゲストハウスへ来てくれました。超しっかり者のみなみは、ポテンシャルがウルトラ高いうえに、料理もできる、掃除もできる、日本語も英語も上手と、どの宿でも大活躍してきたスーパースタッフでした。子どもの面倒まで見てくれて、本当に素敵な女性でした! いつか日本(高知)に嫁いで欲しい~! 私が男なら絶対結婚してる~ 高知とは色々とご縁があるので(みなみと仲良しのとりいくぐるスタッフが高知出身)また絶対に会えるね♪

 

 

◆28代目ヘルパー・たちょ(2017.6〜7)from Tokyo

I miss たちょタチョTacho~♪ 急に叫んだり歌ったり突進したり揺れたり、自分を見ているかのような性格で、最後には宇宙人に見えていました。大学を1年休学して高知に2ヶ月来てくれたのですが、その間に料理や掃除も習得。クロネコヤマトでもちゃっかりバイト。かつおの歴代スタッフのお姉さんたちと遊んだり、女将ファミリーと大月へ出かけたり、へにゃさんとドライブしたり、本当の家族が増えたような一時を過ごさせてもらいました♡ これからは繋がったゲストさん達に会いに北海道へ行くそうです! 女将はたちょの人生サポータに立候補します!!

 

 

 

その他、ご質問、ご希望、ご相談などご遠慮なく問い合わせください。

tel.070-5352-1167
かつおゲストハウス 前田真希