2017年 7月15、16日18:00~21:00 絵金祭り 

4月 29th, 2017
|

今年も香南市赤岡町で「絵金祭り」が開催されます!

「絵金祭り」は、江戸時代に活躍した「絵師金蔵」、略して「絵金」が描いた当時の「屏風絵」を、年に一度だけお披露目する、大変きちょーーなお祭りです。

そして「絵金屏風絵」は、平成21年4月に高知県指定有形文化財となりまして、赤岡という小さな町で、その23点が大切に保管されています。歌舞伎などのクライマックスを主題にした独特な絵が特徴で、主に「仇討ちもの」の恨みつらみを地赤に染めるようなタッチで表現しております。(首が切られてる 血しぶきがあがっている、襲われているなど ギャー)

年に一度だけ、商店街に並べられたおどろおろしい屏風絵は、絵江戸時代さながら、暗闇のなか、ロウソクだけで鑑賞します。商店街も、街灯や家の明かりを極力消され、絵金が生きていた頃の暗闇が再現されています。

開催される香南市赤岡町は、高知市からは国道55号を東に、車で約30分の所にあります。ぜひ一度みにきてくださいね。
あと、赤岡町にある「絵金蔵」では、本物を2点、壁の穴から覗き見できますので、絵金祭りにこられないかたも、またいつか赤岡をたずねてみてください。

 

 

開催時期
毎年7月第3土日
屏風絵展示は通常19:00より
高知県香南市赤岡町商店街
0887-54-3014 (土佐赤岡絵金祭り実行委員会)
ホームページ
http://www.city.kochi-konan.lg.jp/kanko/

アクセス
高知空港よりタクシーで約10分、ごめん・なはり線あかおか駅より徒歩3分、土佐電鉄バス安芸線赤岡南町バス停より徒歩1分